長瀞町観光協会公式サイト > 観光スポット > はなごよみ

はなごよみ

花情報


宝登山ロウバイ園(宝登山山頂)

ロウバイは、面積1万平方メートル・3種類・3000本あり、12月下旬から咲き始め、2月下旬まで甘い香と黄色い花を楽しめる。


宝登山梅百花園 (宝登山山頂)

梅百花園の梅は、約170種類・約500本の銘種があり、2月中旬から3月いっぱい楽しめる。


雪やなぎ(荒川流域)

白い花が枝を埋め尽くすように咲くユキヤナギは、3月下旬から4月中旬にかけて荒川流域の岩陰に白い花をつける。これほどの群生地は珍しく、北限でもある。


長瀞かたくりの郷
(長瀞町大字岩田・道光寺前)

一万坪の大群生(関東一)。カタクリは、ユリ科の球根性多年草で、日本各地に自生する。園内は遊歩道が整備され5万本の花を堪能できる。


岩根山ツツジ園 (長瀞町大字井戸)

岩根神社の境内、社務所前の山林一帯、参道の両側に樹齢100年を越す見事なツツジが1,000株もの大群落をつくり、満開の時には全山花で埋まり壮観を呈する。


山吹(町内全域)

4月中旬~5月上旬。町内全域でみられる。


山萩(塞神峠)

風布にある峠で、寄居町にぬけている。秋には山萩が楽しめる。


紅葉(町内全域)

荒川沿いの紅葉は格別で、10月下旬頃から色づき始め、11月中旬頃見頃になる。

花カレンダー