長瀞町観光協会公式サイト > 2013年 > 4月

花情報

花情報

岩畳の「藤」開花情報~見頃~

国指定名勝及び天然記念物の「岩畳」に自生している

藤の花は、現在見頃となりました。

藤は、マメ科のつる植物で、昔、大阪の野田が藤の名所だったことから

「ノダフジ」とも呼ばれています。

岩畳に自生している藤は、約3000本、400株あり

岩の隙間から鮮やかな紫色の花を咲かせます。

古くから、藤が多く自生していたことから

このあたりを「藤谷淵」(ふじやぶち)と呼んでいました。

今なら、川下りしながら藤や新緑を眺めることができます。

岩畳への地図→http://goo.gl/maps/XUw1H

 

*長瀞サクラ開花情報*

今年の長瀞「通り抜けの桜」は、2013年4月23日(火)で

閉園となりました。

多くのお客様に足を運んでいただき、ありがとうございました。

岩畳の「藤」開花情報

国指定名勝及び天然記念物の「岩畳」に自生している

藤の花は、現在咲き始めです。

藤は、マメ科のつる植物で、昔、大阪の野田が藤の名所だったことから

「ノダフジ」とも呼ばれています。

岩畳に自生している藤は、約3000本、400株あり

岩の隙間から鮮やかな紫色の花を咲かせます。

古くから、藤が多く自生していたことから

このあたりを「藤谷淵」(ふじやぶち)と呼んでいました。

花は、例年より約10日早く開花しました。

今なら、川下りしながら藤や新緑を眺めることができます。

岩畳への地図→http://goo.gl/maps/XUw1H

岩畳の「藤」開花情報

国指定名勝及び天然記念物の「岩畳」に自生している

藤の花は、現在咲き始めです。

藤は、マメ科のつる植物で、昔、大阪の野田が藤の名所だったことから

「ノダフジ」とも呼ばれています。

岩畳に自生している藤は、約3000本、400株あり

岩の隙間から鮮やかな紫色の花を咲かせます。

花は、例年より約10日早く開花しました。

今なら、川下りしながら藤や新緑を眺めることができます。

岩畳への地図→http://goo.gl/maps/XUw1H

*長瀞サクラ開花情報*

~「通り抜けの桜」只今見頃~

珍しい薄黄色のウコンや里桜の代表品種の関山(かんざん)が見頃です。

長瀞「通り抜けの桜」開園は、午前9時~午後9時まで。(夜のライトアップは午後5時~午後9時)

入場は、長瀞観光整備協力金として大人200円、小学生100円、未就学児無料です。

長瀞通り抜けの桜:4月13日(日)~4月23日(火)まで

長瀞通り抜けの桜地図:http://goo.gl/maps/bUPh5

岩畳の藤の花が咲き始めました!

国指定名勝及び天然記念物の「岩畳」に自生している

藤の花が咲き始めました!

藤は、マメ科のつる植物で、昔、大阪の野田が藤の名所だったことから

「ノダフジ」とも呼ばれています。

岩畳に自生している藤は、約3000本、400株あり

岩の隙間から鮮やかな紫色の花を咲かせます。

花は、例年より約10日早く咲いていて、今月いっぱい楽しめそうです。

今なら、川下りしながら藤や新緑を眺めることができます。

*長瀞サクラ開花情報*

~「通り抜けの桜」只今見頃~

珍しい薄黄色のウコンや薄緑色のギョイコウ、里桜の代表品種の関山(かんざん)が

見頃です。

長瀞「通り抜けの桜」開園は、午前9時~午後9時まで。(夜のライトアップは午後5時~午後9時)

入場は、長瀞観光整備協力金として大人200円、小学生100円、未就学児無料です。

長瀞通り抜けの桜:4月13日(日)~4月23日(火)まで(花の状況により変更になる場合があります)

長瀞通り抜けの桜地図:http://goo.gl/maps/bUPh5

*長瀞サクラ開花情報*

~「通り抜けの桜」只今見頃~

今日は、青空に映える色とりどりの八重桜がとても美しく咲いています。

珍しい薄黄色のウコンや薄緑色のギョイコウ、里桜の代表品種の関山(かんざん)が

見頃です。

長瀞「通り抜けの桜」開園は、午前9時~午後9時まで。(夜のライトアップは午後5時~午後9時)

入場は、長瀞観光整備協力金として大人200円、小学生100円、未就学児無料です。

長瀞通り抜けの桜:4月13日(日)~4月23日(火)まで(花の状況により変更になる場合があります)

長瀞通り抜けの桜地図:http://goo.gl/maps/bUPh5

*長瀞サクラ開花情報*

現在、長瀞「通り抜けの桜」が見頃となっています。(2013.4.14現在)

この通り抜けの桜は、宝登山麓にある不動寺周辺に

約500本、30種類ほどの八重桜が開花します。

珍しい薄黄色のウコンや薄緑色のギョイコウも開花しています。

また、開園中は、夜のライトアップ(午後5時~9時)も実施します。

 

長瀞「通り抜けの桜」開園は、午前9時~午後9時まで。

入場は、長瀞観光整備協力金として大人200円、小学生100円、未就学児無料です。

色とりどりに咲く、八重桜とウグイス等の野鳥のさえずりをお楽しみください!

長瀞通り抜けの桜:4月13日(日)~4月23日(火)まで(花の状況により変更になる場合があります)

長瀞通り抜けの桜地図:http://goo.gl/maps/bUPh5

 

長瀞の桜は、種類を変えて長く楽しめるのが特徴です。

大手の桜(エドヒガンザクラ)、法善寺の桜(シダレザクラ)、

北・南桜通り、宝登山参道、野土山の桜(ソメイヨシノ)は葉桜となり花は終わりました。

*長瀞サクラ開花情報*

長瀞「通り抜けの桜」が、本日4月13日(土)より開園しました!

時間は午前9時から午後9時までです。

この通り抜けの桜は、宝登山麓にある不動寺周辺に

約500本、30種類ほどの八重桜が開花します。

花は現在、見頃を迎えています!

珍しい薄黄色のウコンや薄緑色のギョウコウも開花しています。

また、開園中は、夜のライトアップ(午後5時~9時)も実施します。

入場は、長瀞観光整備協力金として大人200円、小学生100円、未就学児無料です。

色とりどりに咲く、八重桜とウグイス等の野鳥のさえずりをお楽しみください!

長瀞通り抜けの桜:4月13日(日)~4月23日(火)まで(花の状況により変更になる場合があります)

長瀞通り抜けの桜地図:http://goo.gl/maps/bUPh5

長瀞の桜は、種類を変えて長く楽しめるのが特徴です。

大手の桜(エドヒガンザクラ)、法善寺の桜(シダレザクラ)、

北・南桜通り、宝登山参道、野土山の桜(ソメイヨシノ)は葉桜となり花は終わりました。